Dana Estates

お昼にコルギンのポールから、ダナのジェイ(社長)はとてもナイスガイできっ

と良い経験ができるはずだよ!!と太鼓判を押してもらっていたのでワクワクし

ながら向かいました。

ダナは、1078年からの歴史のある畑を買い取っています。

以前のワイナリーの古い写真も撮らせていただいたのですが、カメラが反射して

良く写っていませんでした(>_<)

こちらはステンレスではなくコンクリート(違うワードを言っていた気がします

が忘れました・・・思い出したら書き換えます)タンクを使っています。

こちらも素晴らしいプライベートセラーをお持ちです。

ダナは地下エリアがとても広く、樽は上に積み上げず横にずらりと並べてありま

した。

こちらは圧搾機。

余計な力は一切かけず、ぶどうが自然と落ちるのを待つそうです。

こちらでディナーを頂きます。

ワインリストとメニューです。

ダナのソーヴィニヨンブランは、ナパのナンバーワンと言われるくらい素晴らし

いものです。

濃厚でエレガントで、何も言わずに出されたらソーヴィニヨンブランだとはとて

も信じられないです。

時間をかけてゆっく〜り静かに味わいたい1本です。

続く2本はダナのヘルムズヴィンヤードとハーシーヴィンヤード。

ダナのすごいところは早飲みしても物足りなさを感じません。

ジェイさんに、どのくらい置いて飲むのがベストですか?とお聞きしたら、最低

20年は置いて欲しい。

でも、人はそんなに待ってられないから今飲んでも美味しくて、20年以上から

ピークが始まるように持っていくのがとても難しいと仰っていました。

光栄なことにお席がジェイさんと、ワインメーカーのクリスさんの間でしたので

怪しい中途半端な英語とジェスチャーで乗り切りました^^;

ジェイさんはとても紳士的でおおらかで控えめで、でもこういうワインを作りた

い!という強い気持ちをお持ちをお持ちで、ますますダナのワインが好きになり

ました。

後ろの方は、ナパのオークションの時に司会進行をされてる方だそうです。

この翌日は、あの!!ハーランに伺いました。

文字入力が遅いのでノロノロ更新ですが、頑張ります。



コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)