Colgin Cellars


三瀬の山奥にでも行く途中のように曲がりくねった山道を、かなり高いところま

で登るとコルギン のゲートが見えてきます。

こんな山頂のようなところにぶどうが??かなり高いよ??とドキドキしながら

入ります。

こちらがコルギンのゲストハウスです。

オークションで、マグナムボトル数本とこちらでのディナーが2億5千万で落札

されたそうですよ・・・(・_・;

残念ながらこの時は霧がかっていますが、Ⅸエステートの畑。

とても美しいです。


もともと大きな石でゴツゴツしている山だそうで、地震にもとても強いと言って

いました。

なので地下にはこんなセラーが。

DRCはじめ、肉眼で見れる機会は二度とないであろうワインが山のようにありま

した。

数億どころの話ではありません・・・

オークションで最高落札額を出した時は、アンコルギンのキスマークがつくそう

です(^_^)

次は地下のタンクエリアに。

食べ物を落としても食べれそうなくらい床までピッカピカです!!

樽はこれだけ!本当に生産本数が少ないんですね。

COOのポールと。

ウェルカムドリンクはKrug Grand Cuvee 1985 でした。

ご機嫌にならないわけがありません。

一周したあと、ダイニングでランチをいただきました。

Ⅸエステートの畑をバックに、ため息のでる空間です。

ワインリストとメニューです。

入力すると日が暮れそうですので、写真で失礼します・・・

もちろんどれも美味しかったですが、ハーブラムの97が好きでした。

白は、ピーターマイケルのポイントルージュ07。

前後しますが、こういった大きなゴツゴツした岩を砕いて移動させ畑を作るのだ

そうです。

土の下のことまで考えたことがなかったので、とても意外でした。ちなみにこの

谷の先にまた新しい畑を作っていました。

何を植えるのかは、まだ決めていないそうです。

Ⅸエステートの石。

カリアドの石。

ティクソンヒルの石。

静まりかえった畑に鳥のさえずりだけが響いて、高台の山奥に誰がこんなにも美

しい天国があると想像するかしら・・・と思いながら幸せなひと時を過ごしまし

た。


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)