ナパ④

この日はハーランのゲストハウスでランチでした。

日本でも人気のモンダヴィやオーパスワンは、ワイントレイン

が走っている線路沿いのはるか下の平地にあります。

ハーランの畑は斜面に沿って迷路のようになっています。

ハーランの最高経営責任者のドン ウィーバーさん。

ドンさんのアシスタントのフランソワ。

バランスのおかしさが際立つので、横に並びたくないです

ね・・・

7月が初来日だったそうですが、日本大好きになってくれてま

した。

これは、オークションで1億5000万で落札されたマグナム

5本セット。(こちらはレプリカ)

ボックスも、ライフルケースを作る有名なブランドの特注品だ

そうです。

熟成樽を見せてもらいます。

次の部屋は葡萄の発酵し始めているなんともいえないこもっ

たような、ジュクジュクしているような不思議な香りが漂って

いました。

この時期しか嗅ぐことのできない香りですね。

またゲストハウスに戻り、ハーランとフルコースランチを頂き

ました。

またお料理の写真撮り忘れました・・・

家にメニューとワインリストを忘れてきてしまいましたが、

この日はハーラン3ヴィンテージ頂きました。

1999は確実に覚えていますが、あとは2009と2015

だったような・・・

興味深かったのが、1999年は私のイメージする若いヴィン

テージのナパワイン(ハーラン含む)と随分印象が違います。

ボルドーの30年くらい経ったワインのような感じがしまし

た。

ヨーロッパのワインに比べると歴史は短いかもしれませんが、

ナパのトップクラスワインは熟成も十分に楽しめます。

バーチカルテイスティングって楽しいですね!!

若い時には若い時の良さ、年を重ねたら重ねた分の良さがあ

る。

人もワインも似ています。

さて、この日のディナーはレストランでシフレットさんと

お食事でした。

次のナパ⑤でご紹介します。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)