HARLAN ESTATE

一昨年に一度伺いましたが、今回はさらに時間をかけてゆっくり訪問させていた

だきました。

ナパのワイン列車が走るメインロードを見下ろせる高い丘の上にハーランはあり

ます。

こちらは畑がわです。

中央に羊の群れがたくさんいますが、600頭借りてきて畑に生えた雑草を食べ

させているのだそうです。

上の方の綺麗になっているところが、まさにその場所です。

羊は美味しい草が食べれて、畑の雑草は綺麗になくなる、一石二鳥ですね!

ぶどうの樹は、きっちりと同じ方を向いていてワイナリーごとに全く違うので

興味深かったです。

こちらは今度のオークションに出されるスペシャルマグナムボトル5本セット。

2500万スタートだそうです・・・!(◎_◎;)

セラーの裏口、ハーランの設立年1984とあります。

私の生まれ年と同じです(^_^)

この下で、クリュッグとオイスターをたくさんご馳走になりました。

この量×3は出てきたと思います。

カリフォルニアの牡蠣は、小ぶりですが味が凝縮していて濃厚でとっても美味し

いです。

ハーランのタンクはこんな感じです。

今回訪れたワイナリー、すべて違うタイプのタンクでした。

こちらが樽の保管室。

ひんやりした部屋に樽の心地良い香りが漂っていました。

これが全部ハーランかと思うと興奮します。

いよいよゲストハウス!!なのですが、全体的に撮ったものがあまりよく撮れて

ませんでした。

頂いたのは、ハーラン2015、2014、2004、1994の4種類。

2015はまだ当店にも入荷しておらずリリースしたてホヤホヤでした。

1994はハーラン初のパーカー100点を獲得した、記念すべきヴィンテージ

です。

20年以上経ってますのでよく熟成もされ、パーフェクト!!でした。

タンニンや酸や果実味が、舌の上にレールが敷かれているかのようにすっと喉ま

で心地よく進みます。

ワインなんて滅多に飲むことのなかった私が、あるときハーランの2002年

(こちらもパーカー100点です)を飲ませて頂き、世の中にこんなに心を揺さ

ぶる素晴らしい飲み物があるなんて!ととても感激してワインにはまっていった

時のことを思い出しながらしみじみと飲み比べしました。

CEOのドン・ウィーバーさん、アシスタントのフランソワさんと。

余談ですが、お二人のお名刺の裏側はハーランのラベルの女性です。

羨ましい!!!


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)