秋の夜長をワインとともに

最近外食の時だけでなく、自宅でもワインに手を出すようになってしまい

自分でもちょっと心配になってきております・・・

今夜はぶら下がれそうなくらい見事な三日月です。

月を眺めながらこちらを頂いております。

お店の商品でなくてすみません(^^;;

ボナコルシのシラー2003、カリフォルニアはサンタイネツヴァレーの

ワインです。

今まで何の気なしに何本も飲んでいましたが、最後の1本、久しぶりの1

本。

開けたら香りも良く、味もいい。

はてと気になってネットで調べたらボナコルシ氏、LAのレストランでソム

リエをされた後、自身でワイナリーを設立。

ワインスペクテイターで高評価を得、有名ワイナリー誕生!と思われた

矢先2004年に43歳という若さでお亡くなりになられたようです。

若くしてマスターソムリエにもなられた素晴らしい方だったそう。

ワイナリー仲間が支援して、その後もワイナリーは存続したそうですが、

この記事元も何年も前のものでいくら探しても最近の情報がなかな

見つかりません。

もしかしたもうなくなっているのかもしれません。

我が家の最後の一本を何も知らずに飲み干す前に、知れて良かったです。

私は頭も良くありませんし、ソムリエスクールも3回で挫折しました。

でも、ワインのストーリーを聞くのがとても好きです。

お食事の時に長々されるかたっ苦しい説明は嫌いですが。

需要があるかはわかりませんが、これからお店のワインの紹介ももっとこ

のHPでしていこうと思います。

大げさかも知れませんが、私にとって人との出会いとワインとの出会いは

同じものです。

初めは、ん??と思っても時間が経てば柔らかくなってとても合うもの

になったり。

今度は、それがきっかけで新しい繋がりができたり。

アルコールならなんでもウェルカム(ワンカップ大関も頂きますよ〜!)

な私ですが、ワインは私の人生を変えてくれた特別な存在です。

せっかく当店にお越しいただいても行き届かないところが多々あるかと思

いますが、少しずつでもお客様のお好みに合うワインをご紹介できたらと

心から思っております。

閉まってばかりと言われることもありますが、「今日は開いててよかっ

た〜」とお越しくださるお客様、とても有り難く嬉しく思っています。

今はコンビニやスーパーでもササっとワインが買える時代です。

でも、私はお客様と世間話をしながらワインを試飲して頂いて(私も飲ん

でますが^^;)、皆様のセラーのような感じでご利用頂けますと嬉しいで

す。

まだまだ未熟者ですが、これからも何卒宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)